町の奥は

奥へ進むと...。

榊「古びた町の感じも、あえて不規則に建っている建物もハリー・ポッターの世界そのまんまですよ」

ここからは一気に魔法の世界。
実際の映画の美術監督が監修して誕生したハリー・ポッターの新エリアが広がります。

榊「この中入れるみたいですよ。うわー!フクロウがたくさんいる」

天井を見上げればハリーに手紙を運んでくれる魔法界のフクロウが。
引き抜くと泣き叫ぶ魔法の野菜まで。
ハリー・ポッターの世界が忠実に再現されているんです。
そんな町を歩いていると、なにやらお店を見つけました。
ここは一体!?

榊「ハリーが映画の中で"運命のつえ"と出会うあのお店ですよ」

オリバンダーの店。
主人公ハリーが魔法のつえを買いに来たお店です。
お店に入ると、映画と同じように天井までびっしりと魔法のつえの箱が積み重なっています。
...と、そのとき!

「ウェルカム!オリバンダーズへ!私たちは紀元前382年からつえを選んでいます。どうぞご自由にご覧ください」
榊「はい」
「でも触らないでね」医学部受験の合格実績TOPクラス